カナダトロントに留学・体験談

カナダの語学学校は、主に中国、韓国、ブラジルなど南米各国、日本、東南アジアなどから留学生が集まりますが、比率は都市によって、また季節によっても変わります。トロントの語学学校は、バンクーバーなどに比べて日本人が少なく、韓国人とブラジル人が多いという特徴があります。特に夏季はブラジル人の比率がかなり多くなります。

実は日本人にとって、ブラジル人たちと一緒に英語を学ぶことは、トロントで語学留学をする最大の魅力とも言えるほど、大きなメリットになります。トロントの語学学校では韓国人も大変多いですが、ブラジル人たちの存在感は圧倒的です。というのも、彼らは本当によくしゃべります。語学学校の授業はインタラクティブなものが多く、みんなでディスカッションをするという形式が主ですが、アジアからの留学生が多いとなかなか活発な議論とはならないことが多いのです。アジア系の留学生は本国での教育事情が日本と似通っていて、インタラクティブな授業そのものに慣れていませんから、どうしても心理的抵抗があります。その点、ブラジル人は非常に積極的で文法の間違いなど気にしませんし、また議論にも慣れているため、テーマがなんであっても知っている単語を駆使してどんどん話します。英語を学ぶ留学生のなかではドイツ人と並んで一番積極的な国民なのではないかと思うほどです。またブラジル人は、学生ではなく社会人が夏季休暇を利用してキャリアアップのために英語を学びに来る場合が多いため、考え方もしっかりしている人が多く、社会問題に対する意識も高いため、日本人留学生は最初は圧倒されるでしょうが、語学学校の授業を最大限に有効活用するためのロールモデルと言え、彼らとの交流は間違いなく良い刺激になるでしょう。

セブ島へ留学が格安にできるいま、カナダやアメリカなどの英語圏への留学ばかりがあたりまえではなくなってきています。それぞれ目的や得られるものが違いますのでご自身で何を学びたいかを明確にして渡航しましょう。

英語上達の秘訣
オーディオ
童話
初値予想
工務店向け集客ノウハウ
女性の人生
占い 電話
ショッピングカート
フィリピンあるある情報
JALカード
心の童話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です